外来のご案内

禁煙外来

  禁煙外来開設いたしました

日本では、禁煙治療の保険適応が2006年4月からスタートしました。
これは、喫煙をニコチン依存症という病気として考え、治療を行うという考えに基づいたものです。
当院では2016年1月より保険適応の禁煙外来を開始し、条件を満たした喫煙者なら、どなたでも受診して頂く事が出来ます。
『禁煙外来』では、禁煙による離脱症状(イライラなど)を軽減するためにニコチン置換療法(貼付薬)または非ニコチン製剤(経口薬)を使用し、無理なく禁煙出来るように医師や看護婦がカウンセリングや精神的なサポートを行って行きます。
今まで禁煙したいが成功しなかった方、是非一度お問合せ下さい。

禁煙外来開設1

  健康保険で禁煙外来を受診するためには

禁煙治療を保険診療で受けるには下記の条件があります。

ニコチン依存症と診断された方(初診時に確認を行います。) 1日の平均喫煙本数×これまでの喫煙年数=200以上
ただちに禁煙を始めたいと思っている人 禁煙治療を受ける事に文書で同意している

※1年以内に健康保険適応による禁煙治療を受けた方は保険が適応外となります。

  禁煙外来のスケジュール

健康保険を使った禁煙治療では12週間に渡り計5回の診察を行います。
初回診察から2週後、4週後、8週後、12週後に再診があります。

交通のご案内

  禁煙治療薬について

当院では、以下の2種類の禁煙治療薬を選択しています。

1. ニコチンパッチ(ニコチネルTTS)

・ニコチンを皮膚から吸収させる貼り薬です。
・毎日1枚を皮膚に貼ります。
・一定期間を置きながら、サイズの大きいものから小さいものに貼り替えて行きます。

2. バレニクリン(チャンピックス)

・第1~3日目は0.5㎎を1錠、第4~7日目は0.5㎎を2錠(1日2回)内服します。
・第8~84日目まで1㎎を2錠(1日2回)内服し、合計12週間になります。

  診療費用について

以下の費用は2014年に改定された診療報酬に基づいて算出しています。

  ニコチネルTTSの場合
(計8週間処方)
チャンピックスの場合
(計12週間の処方)
  自 費 保険診療
(3割負担)
自 費 保険診療
(3割負担)
初診料+再診料(4回) 7,780円 2,340円 7,780円 2,340円
ニコチン依存管理料 9,620円 2,890円 9,620円 2,890円
院内処方料+調剤料 2,000円 600円 2,120円 640円
薬剤料 21,330円 6,400円 39,230円 11,770円
合計(12週間治療の場合) 40,730円 12,230円 58,750円 17,640円

・上記は目安の金額になります。
・処方の回数などにより、金額が異なる場合があります。

  禁煙外来実施日

毎週金曜日午前中に行っております。
予約制となっておりますので、受診希望の方はお問い合わせ下さい。

Guide外来のご案内

このページのトップへ