当院について

一般事業主行動計画

一般事業主行動計画の公表について

医療法人社団松籟会宇都宮西ヶ丘病院は「次世代育成支援対策推進法」に基づき「一般事業主行動計画」を公表します。

次世代育成支援法とは

 次の世代を担う子どもたちが健やかに生まれ育つ環境をつくるために、国、地方公共団体、事業主、国民が担う責務を明らかにし、平成17年4月1日から10年間かけて集中的かつ計画的に取り組んでいくためにつくられたものです。さらに、その10年後を見据えて、職場・地域における子育てをしやすい環境の整備に向けて平成27年4月1日に改正法が施行されました。

医療法人社団松籟会宇都宮西ヶ丘病院 行動計画

1. 計画期間

平成28年4月1日から平成31年3月31日までの3年間

2. 内  容

目 標
 育児・介護休業法による育児休業や時間外労働・深夜業の制限や看護休暇などの制度、雇用保険法による育児・介護休業給付や健康保険法による出産手当金の制度および産前産後休業や育児休業中の社会保険料免除など、法に基づく諸制度について情報提供し利用を促します。また、それにより職員が長期継続し勤務できる職場を目指します。

3. 対  策

現 状
 有給休暇については職員間で自主的に取得日を調整し、積極的に消化できていました。また、「育児介護休業規程」を法改正のつど見直し、病棟の各ナースステーションと医事課事務室に配置して閲覧可能な状態にし、ミーティングの際にその旨を伝え制度の周知を図ってきました。これにより、育児休業や介護休業などの希望者が適切に休業できるようになっています。
H28.4.1~
 制度を利用することによって離職を避け、長期継続勤務を可能にすることが、職員の技術向上や患者からの信頼を得ることにつながると考え、今後も院内広報や掲示により制度の周知と利用促進を図ります。とくに、看護休暇や短時間勤務など、休業以外の制度についても積極的に周知していきます。
 業務の手順を見直し、職員の意識改善を啓発して所定時間外労働の削減に努めます。これにより職員の余暇を確保し、職場と家庭の双方で充実した時間を送れるよう図ります。
このページのトップへ